「ほっ」と。キャンペーン
<< 桜の花 soap  ミニバラ? >>

スイートサクラリーフ soap

2008/2/1 dc7%
oil
ハイオレックヒマワリ 55%、アボガドオイル 20%、
パームオイル 10%、パーム核オイル 15%
op
日本酒、サクラリーフp
a0042077_23433391.jpg
桜の葉の石けんです。

桜餅のあの甘い香りは“クマリン”というカワイイ名前の成分に
よるものだそうです。
a0042077_23425142.jpg
私が手に入れたのは、ドライの桜の葉で
パウダーまではいかないけど、細かくなっているもの。

クマリンは塩漬けにすると生成されると理解していたので
香り的にはどうなんだろう?と思っていたのだけど
ちゃんと桜餅の香りがします。
塩漬けにした物をドライにしたのも、製菓用などに売っているので
それなのかなぁ?と思ったのですけど
ラベルには“桜葉”としか、記されてないし。
どうなんだ?と思って調べてみると、
乾燥、粉砕してもクマリンは生成されるのだそうな。
ようするに、死んだ細胞の中で、何じゃらかんじゃらあって
クマリンが表に出てくるらしいっス。
死んだって言われるとなぁ・・・^^;)

“アルコール、不揮発油に溶解”らしいので、迷わずウルトラで。
オイルはキレイなグリーンだったので、このままだと
キレイな緑色の石けんになるだろうなぁと思ったのだけど
少しでも多く香らせたいので、パウダーも入れちゃいました。

◆◆◆使用感◆◆◆
ううう、きちゃない茶色・・しかも、桜餅の匂いがしません~
何だろう、これ?文房具の糊っぽいか?
嫌な香りではないのだけど、桜餅ではないです。ガッカリ。

使い心地はよし。洗い上がりの肌がツルツルします。
これって、桜の葉のおかげだよね?・・・・と思いたい。

実はこれ、以前から試してみたかった高融点パームを10%使ってみました。
使ってもらっている人の中に「溶けやすくてすぐなくなっちゃうから
もったいなくてチビチビ使ってしまう」という人が何人かいまして。
私自身と大部分の人は“気にならない派”なのですけど
チビチビ使ってもらうのもなぁと思って。
もったいないと言ってもらえるのは、嬉しいのですけどね。

流石に硬くて溶け崩れません。使った感じも特に嫌な感じもなし。
だた、切り分けの時に下の方が、ボソっとなりました。
う~ん、溶け崩れが絶対に嫌!って人にはいいかもしれないけど
ここまで硬くなくてもいいかぁ?というのが私の感想です。
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-25 00:15 | handmade soaps
<< 桜の花 soap  ミニバラ? >>