「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マリーンファンゴ & マヌカハニー せっけん

2007/6/22 dc5%
oil 椿油 60%、ひまし油 10%、ココナッツオイル 15%、パームオイル 15%
op マリーンファンゴ、マヌカハニー、さらしあん
eo ベルガモット、ジュニパー、パイン、イランイラン
a0042077_0393829.jpg

最初に買ったマリーンファンゴは、薄いグレーで
本で見たのと違うぞぉ~っと思って、違うお店で買ったら
濃い色のが来ました。これこれ。
産地とかで、色々あるのでしょうかね?

とりあえずいつものように、お風呂でパックしてみたら・・・
色が、色が!!!落ちないぃ!!!
ローズクレイとかレッドクレイも肌に色がつくけど
せっけんで軽く洗うとすぐに取れるのですよ。
でも、これは3回ゴシゴシ洗っても取れません~~
薄くはなったのだけど、あきらかに日に焼けた人くらいに色が付いてますぅ。
次の日の朝もゴシゴシ洗ったのだけど、やっぱり取れず、
ファンデ厚塗りしましたとも(T-T)
2度とパックには使うまい。

そして、いまだマイブームが続いてるマヌカハニーも入れてみました。
マヌカと言えば殺菌作用を期待したい所なのだけど
私が読んだ本によれば

「ハチミツの殺菌作用は
phが酸性である事 と 酵素の働きによるもの。
酵素は加熱すると働きを失ってしまう。」

というような事が書いてありました。
つまり、アルカリで、温度が上がるせっけん生地に入れても、
殺菌作用は期待できないって事かぁ・・・・・
って事は、リバッチで入れ込んでも駄目って事だよね。
ウウウ~ンン、残念。

そうそう、以前スーパーで安く買ってきた
中国製のハチミツ(加糖ではないやつ)で
化粧水を作った時は、肌がピリピリして
ハチミツの化粧水は合わないのかなぁ?と思っていたのですけど
このマヌカハニーで作ったら、ピリピリする事もなく
むしろ柔らかい感じがして、しっとりするし使い心地が全然違いました。
中国製だから駄目だった訳ではないと思うのだけど
ハチミツによっても色々なのだなぁ、と思いましたッス。

◆◆◆使用感◆◆◆
マリーンファンゴがもっとバシッっと効いてるかと思ったのだけど
そうでもなく、どちらかというと泡立ちフクフクな
サッパリ目ハチミツせっけんといった感じ。
香りも同じくサッパリ目ないい感じです。
肌に色がついたらどおしようと心配してたのだけど、大丈夫でした(^^)
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-29 00:47 | handmade soaps

月のせっけん

2007/7/6 dc7%
oil ハイオレックひまわり 35%、オリーブオイル 32%、ココナッツオイル18%
パームオイル 10%、マンゴーバター5%
eo パチュリ、サイプレス、ベチバー
op ウルトラマリンブルー、竹炭、ガスール
a0042077_284969.jpg

今まで私が作ってきたせっけんの、デザイン的部分で言うと
出来上がった時点が完成形で、使っていくにつれ
後はドンドン崩れていくだけなんだよなぁ~
と、ある日思いまして、使っていくうちに変化していくせっけんが
出来たらおもしろいかも?
月が満ちていったらどうだろう?
と思いついて、我ながらナイスアイデア!
と思ったものの、どういう形で入れたら月が三日月から満月になるのだ?

ちょうどポヤァ~っと考えている時期に、なんとハタヤ商会さん
このアイデアをすでに形にされていました。おぉ、さすがぁ~
って事で、いきなり質問&丁寧に教えていただきました。
ハタヤさん、ありがとうございました。

で、出来上がってみて・・・・
うげっ!なんでこんなに色が同調してるのだ?
回りはもっと青味がかってるはずだったのですけど。うううっ
しかも、しかも・・・・
間違っちゃったみたいです・・・・
半月がない・・・(T-T)
あんなに丁寧に、図解付きで教えていただいたのに。
何という理解力のなさ。
ハタヤさん、ごめんなさい。トホホ
a0042077_2123351.jpg

名月とは行きませんでしたが、一応満ちて行ってはいるでしょうか?
反対側から使うと、ウサギが出てきます。
a0042077_1113418.jpg

◆◆◆使用感◆◆◆
泡立ちよし、ほどほどのしっとり感。
香りは大満足。森っぽい感じ?(ってどんなだ?)
パチュリを割合的にすごく少なくしたつもりだったのだけど
すでに、主張を始めています。
もう少ししたら、きっとまたパチュリだけになるんだよ、きっと。
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-25 02:20 | handmade soaps

ロウグチ

a0042077_1514954.jpg
ロウグチ
クレマチスの仲間です。
どちらかというと、山野草的おもむき。
きれいな紫色です。

a0042077_1535438.jpg
初めて成功した根洗い。
根洗いとは、2~3年くらい植えかえをせずに、
鉢の中でパンパンに根っこが張ったところを、
スポッと抜いてそのまま苔が覆う
(上面だけだった苔が、徐々に下に広がって来る)
のを待つといわゆる“苔玉”になります。
鉢という囲いがなくなって通気性が良いので、根腐れの心配がなく、
苔が回ってしまえば、思いの他、乾燥する事もないです。
ただ、苔がある程度回るまでは、乾燥させないように、
でも、受け皿に水を溜めすぎないように、
めずらしく(^^;)気をくばりました。

今までは、最初から苔玉を作っていたのですけど、
何度試しても、方法も変えてみても、苔がいつかず玉砕・・・
根洗いも何度か試してみて、上手くはいかなかったのだけど
やっと、成功したようです。
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-24 15:26 | plants

青パパイヤ、使ってみました。

今日、青パパイヤのせっけんを仕込みました!

とりあえず、ジュースにせねば。
って事で、切ってみると・・・・
白い液体が出てきてるの、わかりますか?
ここに、パパイン酵素が入ってるらしいです。
a0042077_0115538.jpg


半分に切ってみると・・・・
あれ?中が空っぽだ!
種は入ってないの?
まだ、種が出来てないのかなぁ?
a0042077_012129.jpg


適当に細かく切って、ジューサーないのでミキサーでガァー
っとやろうと思うも上手く動かないよぉ。
フリフリしながらやっとここまで。
a0042077_0123025.jpg


さらしに包んでギューっとひたすらしぼる。
売っていた中で一番小さいのを買ったのだけど
(片手で掴める位かな?)
100g分のジュースがとれました。
a0042077_0124753.jpg


キウイのような、すごくきれいでカワイイ緑で、
メロンっぽい瓜~な香りがします。

これを水分の40%入れてみました。
製作過程はごく普通なんで、省略・・・・(^^;)

で、やっぱり食べてみないと気が済まない!!
って事で、食べてみました。
普通に千切りにしてサラダに入れてみたのですけど、
ええっとぉ・・・・瓜・・・・・・です。
特に味はなく、シャキシャキした胡瓜って感じ?
歯ごたえはすごくいいです。炒めた方がいいのかも。
でも、もう一回食べたいかと聞かれれば・・・別に・・・(^^;)


ちなみに切った時に出てくる白い液に直接さわると
かぶれる人がいるそうです。
最初、素手で触っても大丈夫そうだったので
そのまま続けてたら、切り傷の所が痒くなりました。
水で洗ったらすぐに痒みは引いたけど・・・・
痒さ的には山芋で痒くなった時くらいかなぁ?
やばいかも・・・って方はお気をつけを。
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-22 00:31 | soap ただいま製作中

青パパイヤ

沖縄のラ・クッチーナというお店で、お買いものした時に(もちネットで)
おまけでせっけんのサンプルを3種類いただいたのです。
その中のひとつ、青パパイヤのせっけんがすっごくツルツルになって
気持ちよかったので、作ってみたい!と思っていたのだけど

はて、青パパイヤってどこに売ってるのだ?
と普通は思うところなのですけど、沖縄に関しては私には強い味方が!!(^^)

仕事場の近くに沖縄物産屋さんがあるのですよ。
黒糖、塩、ウコン系のお茶などは種類も多く、月桃茶や月桃の精油もあって
せっけんにしたいものがいっぱいあります。
その一角に、少しだけ生の野菜も置いてあるので、そこに行けばひょっとして・・・


a0042077_1242850.jpg
淡い期待をいだきつつ、今日覗いてみると・・・
あった!!!!
あっさり見つかりました。

しかし、これどうやって使えばいいのぉ?
皮も使うのかなぁ?どれくらい入れればいいのかなぁ?(^^;)
ネットで軽く検索してみたんだけど、詳しいページが出てこないのよねぇ~
とりあえず、やっぱりジュースにして水分と置き換えかな?


とちらにしろ、作るのは今度の休日になるので、
また、後日報告します~
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-20 01:28 | soap ただいま製作中

紫根のせっけん

2007/6/9 DC7%
oil オリーブオイル(紫根in) 72%、ココナッツオイル 18%、パームオイル5%
   マンゴーバター5%
eo フランキンセンス、ミルラ
op 紫根チンキ
a0042077_341476.jpg

一度は作ってみたかった、紫根のせっけん。
ついに作ってみました。
紫根を漬けたオイルは、ドクドクしい血の赤・・・
このままの色は残らないのは知ってるけど、きれいな色ッス。
この色が出ればいいのに。

香りはこれも一度やってみたかった、フランキンセンスとミルラの組み合わせ。
実は私、以前はミルラの香りがまったく感じられなかったのですよ。
なんでぇ~?っていうくらい、ほんとに、瓶を鼻になすりつけるように嗅いでも、
な~んにも匂わなかったのです。
が!なんと、数か月前突然香りがわかるようになったのです!
う~ん、不思議なり~

わかりにくいのですが、下の段はオイルそのまま、上はチンキにしたものを
アルコールを飛ばして入れました。
一番上の線っぽくなってるのは、謎・・・
紫根は光に弱いらしいので、退色かなぁ?

追記
中にコンフェ入れたの忘れてました。
香りがどうも気に入らないので、コンフェ用に使ってしまおうと思って
切ってみたら・・・あれっ?(^^;)
この中のコンフェに使ったのは、普通の白い生地に
紫根のチンキをアルコールを飛ばしたものを、型入れ前に入れたものです。
最初は青かったのだけど、日が経つうちに紫→くすんだピンクになりました。
a0042077_182169.jpg


◆◆◆使用感◆◆◆
まぁ、普通・・・・かな?
ただねぇ、楽しみにしてた香りが、よろしくないのですよぉ(T-T)
何となくゴムっぽいような・・・・紫根の臭いなのかなぁ?ううう~~~ん。
でも、キレイに色は出たのでよしですな。
今度はインフューズしたオイルをもう少し、
少なくして淡い色を目指してみようと思います。
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-16 03:06 | handmade soaps

ハンドソープ

2007/7/13 DC0%
oil ココナッツ 80%、レッドパーム 20%
op パミスパウダー、ゴマ油
a0042077_23401552.jpg

べスパの整備をすると、手が真っ黒な油でベットベトになって、
信じられないくらい、手が真っ黒けになってしまうので、
どおしても合成洗剤でないと落ちないのだけど
(それでも落ちなかったりする・・・)
一日に何度もゴシゴシと洗剤で洗うと手がガザガザになってしまうのです。
夏の間はまだいいのだけど、冬は本当にツライ~
って事で、特製“本気で働く”ハンドソープを考えてみました。

とにかく洗浄力を上げたいので、ほとんどココナッツ。
切り傷、擦り傷がよくあるので、レッドパームを使いました。
で、たぶんお肌用にいつも使うオートミールとかコーングリッツやクレイだと
弱すぎるだろうと思って、パミスパウダーを初使用です。

半分はそのまま。
もう半分にはSFしてみました。
オイルはオイルで落とせって事で、もしかしたらSFあるほうが
落ちがいいかも?と単純に考えてみたのだけど、どうかなぁ~?
実際、あんまり真っ黒な時は、洗剤で洗う前にサラダ油で
マッサージするようにして、キッチンペーパーでふき取ってから、
洗うときれいになるんですよ。

写真はSF有りの方です。
上のイチゴのピンク色の方は、以前に作った失敗いちごせっけんから
取り除いておいたもの。
赤いのはその後に作ったのだけど、色が・・・・・(T-T)
旦那には「レバー?」って言われました。
確かに・・・・トホホ

■■■使用感■■■
落ちます!落ちます!
すんごい落ちますよコレ!
でも・・・・痛いです(^^;)
泡立てて洗うと全然痛くないんですけど、
最初手のひらの中でグルグルしてる時が、ザラザラして痛いです。
最初、泡立てて普通に洗って、取れなかった所をせっけんを
やさし~く、グリグリ擦りつけると軽石のような感じで、
指の先のシワの間や甘皮の中も見事に奇麗になります。
(↑ココがなかなか取れないんですよぉ。)
これは、すごいかも?
いつものせっけんにくらべれば、かなりさっぱりするけど、
洗剤にくらべれば全然平気。
残念ながらSFナシの方が、落ちがいいです。
でも、SFアリで洗うとしっとり。
はじめにナシの方で洗って、もう一回アリで洗うといい感じです。

でも、冬場はもう少ししっとりしてないと辛くなるかも?
と思うので、冬バージョンも考えてみたいと思います。

とりあえず、各所のメカニック達に試してもらいますッス。
イチゴ乗せちゃったけど・・・・(^^;)
イチゴの乗った石鹸で手を洗うオッサン達・・・ププッ
[PR]
by berandaoukoku | 2007-09-01 23:50 | handmade soaps