<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

桜の花 soap 

2008/2/8 dc7%
oil
スイートアーモンドオイル 30%、米油 25%、ハイレックひまわり 15%、
モーラバター 5%、パームオイル 15%、ココナッツオイル 10%
op
白ワイン、桜花p、ホホバオイル 竹炭
eo
ローズゼラニウム、ベンゾイン、フェンネル
a0042077_0475754.jpg
こちらは桜の花の石けんです。

去年、近くの公園でせっせと集めてドライにして冷凍してあったものです。
a0042077_048322.jpg

これ、悩んだのが香りなのですが、桜の香りってよく言うけど、
どうしても桜餅の香りしか思い浮かびません~
どおしようかなぁ?と思って、桜の香りの成分を調べてみました。

クマリン、ベンズアルデヒド、βーフェニルエチルアルコール、アニスアルデヒド

これと同じ成分を含む香りを合わせたら・・・・
と思ったのだけど、成分を含む精油と手持ちの精油との
兼ね合いがこれまた上手くいかず。
って事で、かなり適当になりつつ、冒険な感じになりました。

a0042077_0551874.jpg
こうやって、コンフェを敷き詰めると、絶対ソーダ灰が付くんですよ。
コンフェの方が冷たくて、上面の生地の温度が下がるのかなぁ?
茶色っぽくなってる所に桜のパウダーが入っています。

◆◆◆使用感◆◆◆
スイートアーモンドな感じのフクフクとした泡と軽い使用感です。
香りは、甘い中にスパイシーな感じも有りと言った感じかな?
これが桜の香りかというと“?”ですが^^;)まずまず上出来だと思います。
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-25 00:51 | handmade soaps

スイートサクラリーフ soap

2008/2/1 dc7%
oil
ハイオレックヒマワリ 55%、アボガドオイル 20%、
パームオイル 10%、パーム核オイル 15%
op
日本酒、サクラリーフp
a0042077_23433391.jpg
桜の葉の石けんです。

桜餅のあの甘い香りは“クマリン”というカワイイ名前の成分に
よるものだそうです。
a0042077_23425142.jpg
私が手に入れたのは、ドライの桜の葉で
パウダーまではいかないけど、細かくなっているもの。

クマリンは塩漬けにすると生成されると理解していたので
香り的にはどうなんだろう?と思っていたのだけど
ちゃんと桜餅の香りがします。
塩漬けにした物をドライにしたのも、製菓用などに売っているので
それなのかなぁ?と思ったのですけど
ラベルには“桜葉”としか、記されてないし。
どうなんだ?と思って調べてみると、
乾燥、粉砕してもクマリンは生成されるのだそうな。
ようするに、死んだ細胞の中で、何じゃらかんじゃらあって
クマリンが表に出てくるらしいっス。
死んだって言われるとなぁ・・・^^;)

“アルコール、不揮発油に溶解”らしいので、迷わずウルトラで。
オイルはキレイなグリーンだったので、このままだと
キレイな緑色の石けんになるだろうなぁと思ったのだけど
少しでも多く香らせたいので、パウダーも入れちゃいました。

◆◆◆使用感◆◆◆
ううう、きちゃない茶色・・しかも、桜餅の匂いがしません~
何だろう、これ?文房具の糊っぽいか?
嫌な香りではないのだけど、桜餅ではないです。ガッカリ。

使い心地はよし。洗い上がりの肌がツルツルします。
これって、桜の葉のおかげだよね?・・・・と思いたい。

実はこれ、以前から試してみたかった高融点パームを10%使ってみました。
使ってもらっている人の中に「溶けやすくてすぐなくなっちゃうから
もったいなくてチビチビ使ってしまう」という人が何人かいまして。
私自身と大部分の人は“気にならない派”なのですけど
チビチビ使ってもらうのもなぁと思って。
もったいないと言ってもらえるのは、嬉しいのですけどね。

流石に硬くて溶け崩れません。使った感じも特に嫌な感じもなし。
だた、切り分けの時に下の方が、ボソっとなりました。
う~ん、溶け崩れが絶対に嫌!って人にはいいかもしれないけど
ここまで硬くなくてもいいかぁ?というのが私の感想です。
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-25 00:15 | handmade soaps

ミニバラ?

働いているところのすぐそばにPEU CONNUという
オサレ~なお花屋さんがあって、チョコチョコ覗きに行きます。

雑貨も少し置いてあって、ヨーロッパ系の本物は本当に欲しいものばかり。
しかも、アンティーク屋さんとくらべると、すごく安いのですよ。危険です^^;)
a0042077_2273530.jpg
で、先日「ミニバラ」という札がさされたこれ↑を発見。
花形無茶苦茶良し、香り無茶苦茶良し。
「園芸界からちょっと離れているうちに、
こんな素晴らしい新品種が出来たのか~」と感心しつつ、即購入。
うちへ帰って植えかえてみると、土の奥まったところから札発見!

「粉粧楼・・・・・」

粉粧楼ってミニじゃないよね?
上手く大きくなったら1mくらいになるよね?
チャイナローズってオールドローズだよね?
3本600円って・・・・?

色々と疑問は湧くところなのですが、
実は粉粧楼、いつかは欲しいなぁと思っていたのですよ。
なので、ウオォ~ラッキー!な気分ではあるのですが
元々小ぶりな品種なのだけど、うちにとっては
十分大きいバラなんですよ。3本もあってどうしよう・・・・
a0042077_2281080.jpg
でも、蕾も可愛い。

他にも色々咲いてます。
黒オダマキ。大好きな花。
a0042077_2293220.jpg


今年も沢山、雪割草。
a0042077_2305074.jpg
a0042077_231681.jpg
a0042077_2312529.jpg
a0042077_2314425.jpg

[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-14 02:42 | plants

生バラ 実験石けん

2008/1/10 dc5%
oil
ハオレックひまわり(ウルトラ バラ) 69%、ココナッツ 11%、パーム20%
op ローズp、ローズヒップp、バラ芳香蒸留水
a0042077_2234425.jpg
バラってドライにしちゃうと、あのすんばらしい生バラの香りが
変わっちゃうんだよなぁ~っと、常々思っていまして。
バラの季節に、ベランダですべての香りを吸い込む勢いで、バラ臭を嗅ぎながら
「この香りが、ほんの少しでもいいから、どうにかして残らないものか?」
って事で実験してみました。

実験に参加してくれたのは
a0042077_325185.jpg
ウィリアムシェークスピア2000 
赤紫色が美しく香りも強いイングリッシュローズです。

夏の終わり頃から冬にかけて、バラの花を摘んでは
生のままエタノールに漬け、摘んでは漬け・・・
そのエタノールでウルトラ。
冬に入って今期最後のバラを生のままで蒸留水にしました。

エタノールは、結構いい感じに香りがついていました。
蒸留水もまずまず。
でも、すでに何となくドライに近い香り・・・
グルグルを始めると、甘~い香りが漂ってきて、
「おっこれは!」と思ったのだけど
型入れの頃には、よくわかんない感じになってしまいました。う~ん。
ここで、ドライのパウダーを入れてはどうもこうもないよなぁ
と思いつつも、模様付け程度にパラパラ。
ついでにローズヒップパウダーもパラパラ。

◆◆◆使用感◆◆◆
切り分け後はほんのりピンクで可愛い色。その後ベージュ色に。
(写真はまだピンクが買っていた時)

肝心の香りはと言うと・・・・・・・な~んにも香りません(T-T)
何か月も頑張ったのにぃ~ヒドイ・・・
やっぱり、もっともっと死ぬほど大量に花を使わなきゃ駄目なのね。

でも、生のまま漬けたエタノールは、かなり良い香りがしてたので
ほんの一時だけ楽しむフレグランスは作れるかも?
ほんとに一瞬だけで終わっちゃうと思うけどね~
やっぱり精油に勝るものなし、ですな。トホホ
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-10 03:34 | handmade soaps

髭剃り石けん

2008/1/18 dc10%
oil
ハイオレックひまわり油 35%、スイートアーモンドオイル10%、
マカダミアナッツオイル 10%、ひまし油 10%、レッドパームオイル 15%
パーム核オイル 15%、パームオイル 5%
op
白ワイン(ローレル、月桃、レモンバーム、ペパーミント)、松煙
a0042077_3193525.jpg

旦那用髭剃りっていうか、頭剃り^^;)石けんです。
相変わらず何が良いのかよくわかりませんが・・・
これでないと駄目なのだそうです。

ナッツ系+ひまし油で泡ムクムク。
お酒でツルツルっていうか、ヌルヌル(?)する感じが
剃刀を滑らせるのかなぁ?
剃った後もヒリヒリしないのだそうな。これはレッドパーム?
ひまし入りマルセイユ+お酒でいいのだったらだったら
もっと原価安くてありがたいんですけどねぇ←自分が使わない石けんにはケチ
でもまぁ、リクエストがあるのはこれだけなので、しかたないかな?^^)

◆◆◆使用感◆◆◆
使い心地は、いつもといっしょ・・・・だと思われます。
今回、精油は入れずに、手元にあるハーブで香りが強そうなものばかりを
白ワインで煮出してみたのですけど、樹っぽい感じの良い香りがします。
半分は炭入りにしてみたのですけど、
こちらの方はほとんど香りません。
炭の消臭効果ってホントにあるんだぁ~
なんて、妙に感心してしまいました。
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-09 03:25 | handmade soaps

アボガドヨーグルトⅡ

2008/1/7 dc10%
oil
アボガドオイル 50%、未精製アボガドオイル 15%、シアバター5%
パーム核オイル 15%、パームオイル 15%
eo
ラベンダー、ジャーマンカモミール
op
カレンデュラP、 ヨーグルト
a0042077_344313.jpg

丁度、去年の今頃、アボガドだらけの贅沢石けんを作っておきながら
「感動がない」なんてほざいていたのですけど、
感動はなかったものの、あの後「何だか手が伸びる」石けんに昇格いたしまして
今年もリピートしてしまいました。

a0042077_3394297.jpg
去年作ったのはコレ

◆◆◆使用感◆◆◆
泡フクフクでやさしい使い心地。
気持ちいいです。
で、やっぱり「すご~い!」的な感動はないのですけど
なぜか手が伸びる感じ^^;)

でも実はですね・・・・
今、毎日使ってるのは去年作った方なんですよ。
冷蔵庫で保管しておいたものを使っています。
しかも、やっぱり去年の今頃作った
最高に贅沢な石けんもどきも、今使っています。
これがですね、いいんですよ。
1年熟成石けん。
流石に香りはほとんど飛んでますけど、すごくやさしくなってます。
解禁してすぐは香りを楽しみつつ使って、もう1回1年後に・・・・
石けんを作り始めて、何年かたってやっと
そんな楽しみ方も出来るようになりました。

が!・・・難点がひとつ。
どれもこれも“やさしい使い心地”になるので、
高価なオイルが入っていようと、いまいと、
どれもあんまり変わんなくなっちゃうんですよ^^;)
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-07 04:15 | handmade soaps

ボリジオイルの石けん

2007/12/28 dc10%
oil
ハイオレックひまわり 45%、ひまし油10%、パームオイル15%
パーム核オイル 15%、シアバター 5%、ボリジオイル 10%
eo
マジョラム、アミリス、フェンネル、ベチバー
op
ローズクレイ、ウルトラマリンパープル、透明石けん
a0042077_3504029.jpg

一度使ってみたかったボリジオイル初使用。
月見草オイルは以前に頂いた物を使用した時、
すごくよかったのできっと、ボリジもいいはず。

γリノレン酸とαリノレン酸。
人によってどちらが合うか違うようなのですが、
ワタクシにとってどちらが合ってるのか、いまだにわかりませんです。
だって、どっちもいいんだもん~

色んな色で作った透明せっけんをコンフェに使ってみました。

◆◆◆使用感◆◆◆
これいいです!
って、ここの所こればっかりな気もしますが・・・ヘヘッ
これね、ツルンツルンします。
しっとりするのはもちろんなのですが、お風呂上りの肌がツルンツルンです。
自分で手とか足とか触ると、スルスル~っと滑ります。気持ちいい。

1%で着香したのですが、ものすごく残ってます。
女の人っぽい香りになったかな?好きな香りです。

ローズクレイもハムっぽくならず(^^;)
透明石けんコンフェもキラキラとキレイで、
全体的にかなりお気に入りな石けんになりました。
[PR]
by berandaoukoku | 2008-03-03 03:53 | handmade soaps